堺市南区高倉台の路上で殺人未遂事件~22歳男性が腹部刺され重傷

大阪府堺市で5月8日深夜、若い男性が何者かにわき腹を2ヶ所刺される事件がありました。

男性は重傷です。

警察が殺人未遂事件として捜査しています。

8日午後11時35分頃、堺市南区高倉台の路上で、近くに住む柴田翔輝さん(22)が血を流して倒れているのが見つかりました。

柴田さんは左わき腹を2ヶ所刺されるなどの重傷を負いましたが、意識はあり、命に別状はないということです。

警察によりますと、柴田さんは路上で友人の少年(18)とともに別の友人が来るのを待っていたところ、突然現れた車から降りてきた4、5人に襲われたとのことです。

少年は身の危険を感じてその場から逃げ出し、無事でした。

少年は、「事件直前に車が突然現れ、知らない人が5人ぐらい降りてきたため身の危険を感じて逃げた」と説明しています。

柴田さんは左わき腹の他に、頭を強く打つなどしていたということですが、現場で凶器は見つかっていません。

少年はトラブルなどについて「心当たりがない」と話しており、警察は殺人未遂事件として逃げた車の行方を追っています。

さらに詳しい記事はこちら

堺市南区高倉台で柴田翔輝さんを刃物で殺人未遂事件

現場周辺地図

大阪府堺市南区高倉台

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です