世田谷区成城で刃物で傷害事件-ハウスクリーニングの男性が切りつけられる

東京都世田谷区成城で5月8日、男性が突然刃物で切りつけられる傷害事件が起きました。

発表によると5月8日午後0時前ころ、「世田谷区成城のアパートで男性がナイフで刺された」などと通報があったということです。

これを受けて警視庁の警察官らが現場に駆けつけたところ、男性(54)が包丁で腕を切りつけられ、ケガを負っていました。

被害者は現場アパートにハウスクリーニングのため訪れていましたが、部屋に入ったところすぐ、住人の男(54)に包丁で切りつけられたとのことです。

男性が日頃から男のアパートを訪れているのか、この日が初日であったのか、2人の間に何らかのトラブル等があったのかなど、今のところ詳しいことは何も分かっていません。

事件現場のアパート敷地内には規制線が張られるとともに、大勢の警察官らが現場検証を行うなど、一帯が騒然としています。

警視庁は男を傷害の容疑で現行犯逮捕し、事件に至った経緯や犯行動機などについて、詳しく捜査を進めています。

アパート訪問の男性が住民の男に切られけが 男を現行犯逮捕

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です