瑞浪市土岐町の中央道で19歳少年が逆走し正面衝突事故

岐阜県瑞浪市土岐町の中央自動車道で5月8日未明、19歳の少年の運転する車が逆走し、トラックと正面衝突する事故が起きました。

発表によると5月8日午前2時過ぎ、瑞浪市土岐町を通る中央道上り線で、岐阜県土岐市に住む少年(19)の運転する乗用車と、長野県松本市に住む男性会社員の運転するトラックが正面衝突したということです。

この事故で、少年が腕を骨折するなどの大ケガを負ったほか、トラックを運転していた岡田雅雄さん(28)が軽傷を負いました。

現時点で少年が高速道路を逆走していた詳しい原因は分かっていませんが、約3km先のパーキングエリアから逆走した可能性があるとのことです。

なお、事故から数分前には「逆走している車がいる」などという通報が複数件寄せられていたことから、比較的長距離にわたって逆走していたものとみられています。

岐阜県警は少年や岡田雅雄さんから事故当時の状況について詳しく話を聴くとともに、少年がなぜ逆走していたのか詳しく調べを進めています。

この事故の影響で、中央道は瑞浪IC~恵那IC間で約4時間にわたり通行止めになるなど、交通にも大きな影響がでました。

逆走19歳 トラックと正面衝突 中央自動車道

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です