堺市南区高倉台で柴田翔輝さんを刃物で殺人未遂事件

大阪府堺市南区高倉台で5月8日夜、若い男性が何者かに突然刃物で刺される殺人未遂事件が起きました。

無差別に狙われた通り魔事件の可能性もあります。

発表によると5月8日午後11時35分ころ、堺市南区高倉台2丁目の路上で、近所に住む柴田翔輝さん(22)が血を流して倒れているのを、母親が発見したということです。

その後、母親からの110番通報を受けて警察や救急などが現場に駆けつけたところ、柴田翔輝さんは左わき腹に2か所の刺し傷があったとのことです。

すぐに病院へ搬送され、重傷ではあったものの、幸い命に別状はないということです。

柴田翔輝さんは事件の直前、自宅近くの路上で、友人の少年(18)と一緒にいました。

そこで別の友人が来るのを待っていたといいます。

すると突然、柴田翔輝さんと一緒にいた友人少年はすぐに現場から避難し、無事でした。

警察に対して友人少年は「車が突然現れて、知らない人が5人くらい下りてきた。身の危険を感じたため逃げた。犯人が誰なのかは分からない」などと説明しています。

被害者の柴田翔輝さんについては、左わき腹を刃物で2か所刺されたほか、頭を殴られるなどした模様です。

特定の人物が柴田翔輝さんを狙って襲った事件であるのか、無差別に狙われた通り魔的犯行であるのか、現時点で詳しいことは分かっていません。

大阪府警南堺署は殺人未遂事件として、柴田翔輝さんからも話を聴くとともに、事件に至った経緯や当時の状況などについて詳しく捜査を進めています。

事件現場は、泉ヶ丘駅から南東方向に約1kmほどの地点にある住宅街の一角です。

関連する犯罪の法定刑

殺人未遂罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役

傷害罪…15年以下の懲役または50万円以下の罰金

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です