福岡タワーで飛び降り自殺か転落事故で男子高校生の遺体-福岡市早良区

福岡県福岡市早良区百道浜の福岡タワーで5月11日、高校生の男子生徒が死亡する事故が起きました。

自殺の可能性もあるとみられています。

発表によると5月11日午後9時50分ころ、「福岡タワーの駐車場で、物が落ちた音がした」などと通行人の男性から119番通報があったということです。

この通報を受けて、救急隊員らが福岡市早良区百道浜2丁目にある福岡タワー敷地内まで駆けつけたところ、男子高校生が血を流して倒れていたとのことです。

倒れていたのは、福岡市早良区内に住む高校1年生の男子生徒(15)です。

頭から血が流れるなどしており、まもなく死亡が確認されました。

今のところ事件性は無い可能性が高いとみられており、福岡県警早良署は男子高校生が福岡タワーから転落したものとみて、飛び降り自殺と事故の両面で捜査を進めています。

なお、遺書などは見つかっていないということです。

福岡タワーは日本一高い海浜タワーで、シーサイドももち地区のRKB毎日放送本社内あるランドマークタワーです。

福岡市地下鉄空港線・西新駅から北方向に約1.3kmほどの地点にあり、比較的有名な福岡の観光名所です。

関連する犯罪の法定刑

殺人罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役

自殺教唆罪…6月以上7年以下の懲役または禁錮

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です