ミランが本田圭佑ら3選手を放出か!?クラブ売却失敗時のプランB

10日付のイタリア紙「コリエレ・デッロ・スポルト」は、ミランに所属する日本代表FW本田圭佑が同クラブの放出候補の1人として挙がっていると報じた。

ミランの名誉会長であるシルヴィオ・ベルルスコーニ氏は、❝ミスター・ビー❞ことタイの実業家ビー・タエチャウボル氏と、クラブの買収に関して交渉中です。

2日にミラン市内で行われた両氏の会談後、ベルルスコーニ会長は「交渉はまだ行われている」と決着がついていないとし、「私が株式の51%を持つ可能性もある」と明言した。

同紙によると、このままミランの買収が行われない場合、資金調達の❝プランB❞として、本田をはじめとした3選手を売却する方針にあるという。

なお、本田の他に放出候補として挙げられたのは、元スペイン代表GKディエゴ・ロペス、FWジェレミー・メネズの2人です。

ミランはこの3人を売却することによって、2000万ユーロ(約26億円)の収入を目論んでいるとみられる。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です