台風6号が速度上げ北上、西日本・東日本も大雨警戒

台風6号は、12日夕方には本州の南の海上に進んできます。

西日本東日本でも大雨警戒が必要です。

台風6号は午前7時現在、鹿児島県奄美大島の西の海上を時速60kmで北東に進んでいるとみられます。

その後、さらに速度を上げて、夕方には本州の南の海上に進む見込みです。

台風からの湿った空気が流れ込み、西日本や東日本でも大雨の恐れがあります。

13日の朝までに降る雨の量はいずれも多いところで、東海などで180mm、九州南部、四国、近畿で150mmなどとなっています。

土砂災害や河川の増水、低い土地での浸水などに警戒が必要です。

暴風・高波

台風6号の接近に伴って、沖縄本島地方は12日昼前にかけて、奄美大島は12日朝から12日昼過ぎにかけて暴風や高波のおそれがあります。

また、東海地方と伊豆諸島では12日夜遅くから暴風となり、海は大しけとなる見込みです。

13日かけて予想される最大瞬間風速

沖縄地方 50メートル
奄美地方 45メートル
東海地方、伊豆諸島 35メートル

13日かけて予想される波の高さ

沖縄地方 8メートル
奄美地方、東海地方、伊豆諸島 6メートル

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です