西脇政樹容疑者を再逮捕~細川朋恵さんを殺害した疑い

京都市左京区大原の山中で今年5月、細川朋恵さん(当時43)の遺体が見つかった事件で、警察は9月26日、死体遺棄の疑いで逮捕された55歳の男を再逮捕しました。

殺人の疑いで再逮捕されたのは、京都市北区紫野花ノ坊町の元京阪電鉄社員、西脇政樹容疑者(55)です。

警察によりますと、西脇容疑者は昨年7月30日頃、左京区の駐車場に止めた西脇容疑者の自家用車内で、交際相手だった細川さんの首を絞め、殺害した疑いが持たれています。

調べに対し、西脇容疑者は「間違いありません」と供述し、容疑を認めています。

2人は昨年春頃にインターネットの出会い系サイトで知り合っていて、西脇容疑者には妻子があり、不倫関係にあった細川さんと交際をめぐってトラブルになっていたということです。

警察は、西脇容疑者が細川さんを殺害した後、遺体を遺棄したものとみて、動機やいきさつをさらに詳しく調べることにしています。

関連記事

京都市左京区大原大見町で死体遺棄事件‐Twitter上の反応

京阪電鉄社員の西脇政樹容疑者を逮捕~京都・大原の細川朋恵さん死体遺棄事件

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です