京阪電鉄社員の西脇政樹容疑者を逮捕~京都・大原の細川朋恵さん死体遺棄事件

京都府京都市左京区大原の山中で今年5月、一部白骨化した女性の遺体が見つかった事件で、遺体は京都市の無職、細川朋恵さん(43)と判明し、警察は15日、知人の55歳の男を逮捕しました。

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、京都市北区紫野花ノ坊町の京阪電鉄社員、西脇政樹容疑者(55)です。

警察によりますと、西脇容疑者は昨年7月末~8月初旬頃、京都市左京区大原大見町の山中で、細川さんの遺体を地中に埋め、遺棄した疑いが持たれています。

遺体は今年5月に白骨化した状態で見つかり、警察は、遺体の身元の確認を急ぐとともに死体遺棄事件として捜査していました。

DNA鑑定や歯形などから遺体が細川さんと判明、昨年8月下旬に細川さんの両親から警察に行方不明の届け出があり、交友関係の捜査などから、知人の西脇容疑者が浮上したということです。

調べに対し、西脇容疑者は「埋めたことに間違いない」と容疑を認め、殺害をほのめかす供述もしているということです。

警察は、動機やいきさつを調べるとともに、殺人の疑いでも捜査することにしています。

関連記事

京都市左京区大原大見町で死体遺棄事件‐Twitter上の反応

ニュース動画

京都・大原女性白骨遺体 京阪電鉄社員の男逮捕

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です