東京駅で同僚に傘で目を刺され重体だった男性が死亡

東京都千代田区のJR東京駅近くで6月26日夜、同僚の男と口論となってを刺された男性が意識不明の重体となっていた事件で、警視庁は12日、男性が入院先の病院で11日に死亡したと発表しました。

死亡したのは神奈川県相模原市緑区下九沢の会社員、滝島善也さん(55)で、警視庁は、目に刺さった傘が脳まで達したことなどが死因につながったとみて、司法解剖して詳しい死因を調べることにしています。

この事件では、滝島さんの同僚でシステムエンジニアの福西恭志容疑者(54)が傷害の疑いで現行犯逮捕されていますが、警視庁は、容疑を傷害致死に切り替えて詳しく調べる方針です。

関連記事

東京駅で同僚の目に傘を突き刺す~福西恭志容疑者を逮捕

ニュース動画

傘で刺された男性が死亡 先月26日から意識不明に

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です