岡山県玉野市築港で発砲事件-暴力団組員を殺人未遂

岡山県玉野市築港で5月22日夜~23日未明にかけて、男性2人が撃たれる発砲事件が起きました。警察は殺人未遂事件として捜査しています。

発表によると5月23日午前0時20分ころ、玉野市築港2丁目にあるスナック店の関係者から、「人が撃たれてケガを負っている」などと119番通報があったということです。

これを受けて救急隊や岡山県警の警察官らが現場に駆けつけたところ、雑居ビルで男性2人が腹から出血するなどしていたとのことです。

男性らは病院に運ばれて手当てを受けており、重傷を負ったものの、幸い命に別状はありませんでした。

撃たれたのは、いずれも岡山県倉敷市に住む指定暴力団山口組系組員で、40歳の男性と34歳の男性でした。

男性らは現場のスナックに客として訪れていましたが、店内で複数の男らと口論になり、23日午前0時ころに店を出された後もフロアで口論をしていました。

現場付近には弾頭のようなものが落ちており、警察は2人が喧嘩相手に拳銃で撃たれた発砲事件とみて、殺人未遂容疑で男らの行方を追っています。

事件が起きた現場は、JR宇野駅から北西方向に約200mほどの地点で、飲食店などが集まる繁華街の一角です。

現場には拳銃は無かったということで、犯人は拳銃を持ったまま逃走中とみられています。無差別に撃たれたものではありませんが、近隣住民の方々は念のためご注意ください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です