平田将、葉山優美両容疑者を逮捕~多摩市の連続強盗傷害事件にも関与か

東京都立川市の路上で今年8月、通りすがりの男性2人を殴ってけがをさせ、現金を奪ったとして、警視庁は、21歳の男2人を逮捕しました。

強盗傷害の疑いで逮捕されたのは、住所不定の職業不詳、平田将容疑者(21)と府中市紅葉丘の職業不詳、葉山優美容疑者(21)の2人です。

警視庁によりますと、2人は8月27日午後11時50分頃、立川市柴崎町のJR立川駅近くの路上で、帰宅途中だった会社員の男性(21)ら2人の後方から近づき、顔などを殴ってけがをさせ、現金およそ2万4000円を奪った疑いが持たれています。

現場周辺の防犯カメラの映像などから、2人が浮上したということです。

調べに対し、2人は「遊ぶ金が欲しかった」などと容疑を認めていて、「ほかにも6件やった」と供述しているということです。

関与を認めた事件の中には、9月17日未明に多摩市の路上で3件相次いだ強盗傷害事件も含まれているということで、警視庁は、2人が今年3月以降、多摩地域で事件を繰り返していたとみて詳しく調べています。

関連記事

多摩市の路上で連続強盗傷害事件~2人組の男が逃走

ニュース動画

強盗傷害容疑で男2人逮捕、余罪6件か

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です