愛知県岡崎市のコンビニ立てこもり事件~鈴木保人容疑者を逮捕

愛知県岡崎市のコンビニエンスストアで8月31日未明、刃物を持った男が店員を人質にして立てこもる事件があり、警察は、32歳の男を現行犯逮捕しました。

監禁の疑いで逮捕されたのは、岡崎市宮地町郷西の無職、鈴木保人容疑者(32)です。

鈴木容疑者は31日午前2時50分頃、岡崎市上和田町のコンビニエンスストア「セブンイレブン岡崎上和田店」で、約5時間にわたってアルバイト店員の男性(28)を監禁した疑いが持たれています。

警察によりますと、鈴木容疑者は刃渡り17センチほどの包丁を持って押し入り、「金は要らない。酒を持ってこい」と男性店員2人を脅し、店内の事務所に監禁。

その後、店員の1人が別の客が来店した際に客とともに店外に逃げ、110番通報しました。

警察が説得にあたっていたところ、鈴木容疑者が店の入り口付近まで出てきたことから、事件発生からおよそ5時間後の午前8時頃、捜査員が隙を見て店内に突入し、監禁の疑いで、現行犯逮捕しました。

人質の店員は、あごに軽い怪我をしているということですが、命に別条はありません。

鈴木容疑者は事件当時、店内の酒を飲んでいたとみられていて、ろれつが回らない状態だったということです。

調べに対し、鈴木容疑者は「自分の人生を悲観し、何か大きいことをやってやろうと思った」などと供述しているということです。

警察は、鈴木容疑者を厳しく追及し、犯行の経緯などを調べる方針です。

ニュース動画

愛知・岡崎市のコンビニに刃物男立てこもるも5時間後、現行犯逮捕

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です