青森県の黒石市立六郷小学校で爆発事故~女性職員1人死亡

青森県黒石市の市立六郷小学校で9月18日、給食調理室爆発があり、55歳の女性職員が死亡、小学生2人を含む5人がけがをしました。

調理室で作業員が害虫駆除の作業をしていたということで、警察が原因を調べています。

18日午後3時頃、黒石市三島宮元の市立六郷小学校で、「調理室で爆発が起きてけが人が出ている」と119番通報がありました。

消防が駆けつけたところ、1階にある調理室の窓ガラスが割れ、食器などが散乱していたということです。

この事故で、調理室にいた臨時調理員、木立清子(きだちせいこ)さん(55)が倒れてきた冷蔵庫の下敷きになり死亡、調理員と栄養士の40代女性2人と害虫駆除をしていた作業員の40代男性がやけど、調理室の近くにいた小学5年と4年の男児2人が軽傷を負いました。

警察によりますと、作業員が調理室で害虫駆除剤に着火したところ爆発が起きたということで、ガス漏れの可能性もあるということです。

警察は、業務上過失致死傷の疑いもあるとみて、爆発の原因を調べています。

ニュース動画

小学校調理室で爆発 給食職員1人死亡 児童もけが

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です