八王子市の強盗傷害事件で少年3人を逮捕~容疑認める

東京都八王子市めじろ台の路上で今年9月、専門学校生の男性らに暴行を加え現金を奪ったとして、少年3人が逮捕されました。

強盗致傷の疑いで逮捕されたのは、都立高校1年の男子生徒(16)、防水工の少年(16)、塗装工の少年(17)の3人です。

警視庁によりますと、少年らは今年9月7日午後8時5分頃、八王子市の京王線めじろ台駅近くの路上で、専門学校生の男性(21)から現金およそ3800円が入った財布をひったくって逃げたうえ、取り押さえようとした専門学校生と助けに入った法務省職員の男性(30)に暴行を加え、全治2週間のけがを負わせた疑いが持たれています。

少年らは犯行後、バイクで逃走していました。

調べに対し、少年らは「遊ぶ金が欲しかった。ひったくりなら、簡単に金が手に入ると思った」などと供述し、容疑を認めています。

警視庁は、少年らがほかにもバイクや自転車の窃盗を繰り返していたとみて余罪を調べています。

現場周辺地図

東京都八王子市めじろ台 京王線めじろ台駅

関連記事

八王子市で強盗傷害事件相次ぐ~めじろ台と富士見町の路上で

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です