仙台市で殺人事件~19歳少年が父親をナイフで刺殺

宮城県仙台市泉区の住宅で12月1日、父親をナイフで刺して殺害したとして、警察は2日、19歳の少年を逮捕しました。

殺人の疑いで逮捕されたのは、仙台市泉区に住む無職の少年(19)です。

警察によりますと、少年は1日午後9時頃、仙台市泉区の自宅で、会社員の父親(49)の胸や背中など数か所をナイフで刺し、殺害した疑いが持たれています。

少年は事件後まもなく、自宅近くの交番に「父親をナイフで刺して殺した」と自首し、警察官が自宅に駆け付けたところ、2階で血を流して倒れている父親を発見し、近くで凶器とみられるナイフも見つかったということです。

少年は父親、20代の姉の3人暮らしで、事件当時、姉は外出していたということです。

調べに対し、少年は「父親と口論になり、ナイフで刺した」などと供述し、容疑を認めています

警察は、事件の詳しいいきさつを調べています。

現場周辺地図

宮城県仙台市泉区

関連記事

仙台市泉区で殺人事件~19歳少年が父親をナイフで刺殺-Twitterの反応

ニュース動画

父親の胸や背中10カ所超刺し殺害か 19歳少年を逮捕

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です