フロイド・メイウェザーが3-0の判定で勝利~ボクシングの「世紀の一戦」

アメリカ・ネバダ州ラスベガスで5月2日(日本時間3日)、ボクシングの「世紀の一戦」として注目を集めた世界ウエルター級3団体統一戦が行われ、WBA・WBC王者のフロイド・メイウェザー(38、アメリカ)がWBO王者のマニー・パッキャオ(36、フィリピン)に3-0の判定で勝利し、3団体統一王者となりました。

全世界大注目の「世紀の一戦」は、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのMGMグランドガーデンアリーナで行われました。

父親が元世界ランカー、叔父が元世界王者というボクシング一家に生まれ、アトランタ五輪で銅メダルを獲得後、プロでは通算47戦全勝で無敗のまま5階級を制したメイウェザー。

一方、フィリピンの貧しい農家に生まれ育ち、自らの拳だけを頼りに、6階級を制覇したフィリピンの英雄パッキャオ。

ついに実現した一戦は、両者のファイトマネー総額が300億円を超えると伝えられています。

試合では、メイウェザーが徹底したアウトボクシングで、常にパッキャオの打ち終わりを狙ってカウンターを当てる展開。

4Rには左ストレートをもらって危ない場面もありましたが、自分のペースを保ち、3-0の判定勝ち(118-110、116-112、116-112)。

両者は12Rを戦った後がっちりと抱き合い、健闘をたたえ合いました。

通算成績はメイウェザーが48戦48勝(26KO)、パッキャオが65戦57勝(38KO)6敗2分けとなっています。

この試合のチケットは、発売わずか1分で完売し、大きな話題となりました。

会場には、NBAの元スター選手であるマイケル・ジョーダン氏(52)や俳優のロバート・デ・ニーロ氏らセレブが駆け付け、この一戦の注目の大きさをうかがわせました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です