栃木県宇都宮市の強盗傷害事件で角田篤志容疑者を逮捕~女子高生殴りバッグ奪う

栃木県宇都宮市の路上で8月、帰宅途中の女子高生が鈍器のようなもので頭を殴られて重傷を負い、現金などが入ったバッグが奪われた事件で、警察は8月31日、26歳の男を逮捕しました。

強盗傷害の疑いで逮捕されたのは、宇都宮市峰2丁目の建設会社社員、角田篤志容疑者(26)です。

角田容疑者は8月9日午後10時50分頃、宇都宮市元今泉4丁目の路上で、アルバイトから帰宅途中だった女子高生(16)に背後から近づき、鈍器のようなもので後頭部を殴り、現金およそ1万円などが入ったトートバッグを奪った疑いが持たれています。

女子高生は頭蓋骨を陥没骨折するなど、全治3か月の重傷。

警察によりますと、現場周辺の防犯カメラの映像や聞き込み捜査などから角田容疑者が浮上し、逮捕に至ったということです。

調べに対し、角田容疑者は「女子高生と面識はなかった」「私がやったのは間違いない」などと供述し、容疑を認めています。

警察は、犯行の動機などについて、さらに調べています。

ニュース動画

女子高生を“鈍器で殴り、バッグ奪った”疑い

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です