東北自動車道で走行中の車に投石か~トラックなど30台に被害

栃木県内の東北自動車道で6月15日夜、走行中の車30台にが投げつけられ、フロントガラスが壊されるなどの被害が相次ぎました。

警察は、何者かが石を投げつけたとみて、器物損壊の疑いで捜査しています。

15日午後7時頃から16日午前0時頃にかけて、栃木県内の東北自動車道の宇都宮インターチェンジから矢板インターチェンジまでの上下約4kmの区間で、走行中の車30台に石が投げつけられ、フロントガラスが壊されるなどの被害が相次ぎました。

車を運転していた人に怪我はありませんでした。

警察によりますと、被害があったのは大型トラック26台、乗用車2台、中型トラック1台、大型バス1台の計30台で、フロントガラスが割れたり、ひび割れたりしました。

付近の路面には約30個の石が転がっていて、直径3センチほどから人の拳の大きさのものまであったということです。

現場となった高速道路は一般道と並行して走っていて、警察は、何者かが一般道から石を投げつけた可能性が高いとみて、器物損壊の疑いで捜査しています。

関連記事

東北自動車道で走行中の車に投石の疑い~中山和一容疑者を逮捕

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です