田代仁センディング社長が女子中学生わいせつ事件ー芸能プロダクション

モデル志望の女子中学生に性行為をしたとして、芸能プロダクション幹部の男が逮捕されました。

児童福祉法違反の容疑で逮捕されたのは、東京都港区六本木にある芸能プロダクション「センディング」の元社長で、フィリピン国籍の田代仁ことベレン・オリバー・オリベッティ容疑者(37)です。田代仁=たしろ じん

発表によると田代仁容疑者は2014年9月、センディング事務所内において、ファッション雑誌のモデルに応募してきた当時中学3年生だった少女(15)にわいせつな行為をした疑いが持たれています。

「体型を確認する」と言って服を脱がせた上、「モデルになるためには、皆していることだ」などとして性行為をしたとみられています。

田代仁容疑者はこの女子中学生と十数回にわたり性行為を行ったということですが、結局デビューはさせなかったとのことです。

また、この女子中学生以外にもモデル志望で応募してきた複数の少女らと性行為をしていたほか、契約料などとして数十万円~数百万円を要求したり、お金が払えない場合には自身との交際や風俗店で仕事をさせるなどしていたといいます。

センディングでは、20代向けの女性誌「jiggyジギー)」の発行を手がけているほか、六本木発のアイドルグループ「Angeアンジュ)」が所属しています。

なお、Angeの女性メンバーや少女メンバーらが同様の性被害に遭っていたのかどうかは不明ですが、Angeは4月4日付けで突然の解散を発表しました。なぜ解散に至ったのか詳しい経緯は不明です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です