愛知県武豊町のボーガン殺人未遂事件で山口泰斗容疑者を逮捕

愛知県武豊町で8月、新聞配達中の男性がボーガンで襲われ重傷を負った事件で、警察は9月3日、元同僚の28歳の男を逮捕しました。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、武豊町長尾山の無職、山口泰斗容疑者(28)です。

警察によりますと、山口容疑者は8月12日午前2時45分頃、武豊町若宮の県営住宅の敷地内で、新聞配達中の男性(31)にボーガン(洋弓銃)を発射して命中させたうえ、刃物で切りつけて殺害しようとし、全治2~3か月の重傷を負わせた疑いが持たれています。

警察は、事件後逃走した男の行方を追っていましたが、男性や現場周辺への聞き込みなどから、山口容疑者が浮上し、所有する軽ワゴン車を調べたところ、運転席付近から男性の血痕が検出されたことが決め手となって、逮捕となりました。

山口容疑者は、2010年10月頃から昨年10月まで、男性の働く新聞配達店でアルバイトをしていましたが、山口容疑者は昨年、男性から「勤務態度が悪い」と叱責され、口論になったことがあったということです。

調べに対し、山口容疑者は「私は知りません、違います」「事件当時は自宅にいました」などと供述し、容疑を否認しているということです。

現場周辺地図

武豊町若宮

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です