太陽誘電がCD-Rなど光記録メディア事業から撤退~2015年12月末で販売終了

電子部品メーカーの太陽誘電株式会社は6月11日、CD-RやDVD-R、BD-Rなどの光記録メディア事業から撤退することを決定したと発表しました。

2015年12月末で販売を終了する予定だということです。

太陽誘電は1988年に世界初のCD-Rを開発し、翌1989年から販売開始。

CD-Rという名称も同社が命名しました。

撤退の理由として、HDDの大容量化やクラウドコンピューティングの普及などによる光記録メディアの市場の縮小に加えて、原材料価格の高騰などの影響から、収益改善は困難な状況にあると判断したためだということです。

今後は、2015年12月末で販売を終了する予定。

太陽誘電によりますと、現在、国内でCD-RやDVD-Rを製造しているのは同社だけとみられるため、今後はすべて輸入品になるということです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です