JR長崎線肥前竜王駅で特急同士が正面衝突寸前~緊急停止で回避

佐賀県白石町JR長崎線肥前竜王駅で5月22日正午過ぎ、上りの特急が停止していた線路に下りの特急が向かい合わせに進入し、正面衝突を避けるため、運転士が列車を緊急停止させるトラブルがありました。

乗客約230人に怪我はありませんでした。

22日午後0時20分頃、佐賀県白石町のJR長崎線肥前竜王駅で、長崎発博多行きの上りの特急「かもめ20号」がすれ違うため停止していた線路に、博多発長崎行きの下りの特急「かもめ19号」が向かい合わせに進入しました。

「かもめ19号」は時速35キロほどで走行しており、運転士が正面衝突する可能性に気付いて非常ブレーキをかけたため、「かもめ20号」の約93メートル手前で緊急停止しました。

2本の特急に乗っていた約230人の乗客に怪我はありませんでした。

JR九州によりますと、「かもめ19号」はこのトラブルの直前、異常な音を感知したため一旦停止し、点検を終えて徐行運転していたということですが、本来は肥前竜王駅をより速い速度で通過する予定だったということです。

JR九州がトラブルの詳しい原因を調べています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です