岩手県奥州市の死体遺棄事件で渡邉豊容疑者を逮捕~雑木林に女性の遺体を遺棄

岩手県奥州市で5月26日、雑木林の中から女性の遺体が見つかった事件で、警察は、40歳の男を逮捕しました。

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、奥州市前沢区裏新田の農業、渡邉豊容疑者(40)です。

警察によりますと、渡邉容疑者は今月22日から23日にかけて、自宅から2㎞ほど離れた雑木林の土の中に、同市内の設備管理会社の社員、伊藤友美さん(31)の遺体を埋めて遺棄した疑いが持たれています。

伊藤さんは水道メーターの検針の仕事をしており、22日に渡邉容疑者の自宅を訪問した後、行方不明になっていたことから、渡邉容疑者に事情を聴いたところ、伊藤さんを遺棄したことを認め、25日午後10時頃、供述通りの場所で遺体が見つかりました。

遺体に目立った外傷はなく、司法解剖をして死因を調べています。

警察は渡邉容疑者から死亡の経緯について事情を聴き、犯行の動機など捜査を進めています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です