大阪府警警察官の集団強姦事件で新たに辻力、小杉幸士両容疑者を逮捕

大阪府警の現職警察官と元警察官の男が逮捕された集団強姦事件で、大阪府警は9月14日、28歳と51歳の男を新たに逮捕しました。

監禁と集団強姦の疑いで逮捕されたのは、大阪府茨木市水尾3丁目の派遣社員、辻力(りき)容疑者(28)と、新潟市中央区西湊町通1ノ町の自営業、小杉幸士(こうじ)容疑者(51)です。

大阪府警によりますと、辻容疑者らは昨年12月17日夜、大阪市天王寺区のホテルで、大阪府警箕面署刑事課巡査部長の梅本大輔容疑者(36)と元大阪府警四条畷署巡査長の溝畑優容疑者(32)と共謀し、溝畑容疑者の知り合いの20代の女性に集団で性的暴行を加え、翌18日早朝まで約7時間、監禁した疑いが持たれています。

2人は、溝畑容疑者がインターネットの掲示板に投稿した集団強姦への参加を募る書き込みを見て加わったということです。

調べに対し、辻容疑者は容疑を大筋で認めていますが、小杉容疑者は「合意が取れた多人数でのパーティーだと思っていた」などと供述し、容疑を否認しています。

大阪府警は、他にも数人が関与したとみて捜査しています。

関連記事

大阪府警の警察官らが監禁集団強姦事件~梅本大輔、溝畑優両容疑者を逮捕

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です