大津港でダイオウイカを捕獲か-横須賀市大津町 地震の前兆か

神奈川県横須賀市大津町の大津港で5月6日、ダイオウイカ子供とみられるイカが捕獲されました。

発表によると5月6日の午後、大津港で漁をしていた小川丸の小川誠一さん(71)が、港湾内の海面に浮かんでいるイカを発見しました。

その場で、アミを使ってすくいあげました。

小川さんは当時、ナマコを獲っていたということです。

生け捕りにしたダイオウイカの子供は、港にあげた後にサイズを測ったところ、触腕を含めると体長約1.8mくらいだったとのことです。

ダイオウイカの子供が見つかることはほとんどなく、これまで日本海などで見つかったダイオウイカは体長5m~10m程度のものでした。

現時点でダイオウイカと確定したわけではないものの、引き取りに来た京急油壺マリンパーク職員は「精査してみないと分からないが、図鑑を見る限り、9割がたダイオウイカでは」などと話したということです。

京急油壺マリンパークは今後、ダイオウイカの子供であるとみて、専門家に調査を依頼する方針。

なお、イカは生け捕りにしたものの、港に揚げられた後に死亡が確認された模様です。

現場周辺地図

神奈川県横須賀市大津町 大津港

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です