船橋18歳野口愛永さん殺人事件犯人、湯浅成美が主犯格か naruchun3999

18歳の少女が生き埋めにされ殺害された殺人事件で、逮捕された犯人の男女4人のうち、被害者少女と元同級生である少女が主犯格の可能性が高いことが分かりました。

殺害されたのは、千葉県船橋市駿河台2丁目に住む職業不詳の少女、野口愛永さん(18)です。

この事件では、住所不定無職・井出裕輝容疑者(20)、千葉県成田市三里塚御料に住む無職・中野翔太容疑者(20)、千葉県船橋市に住むアルバイトの少女(18)、東京都葛飾区に住む鉄筋工の少年(16)ら4人が逮捕されています。

この中で唯一女性だった「なるちゅん」こと湯浅成美容疑者(18)が、犯行を主導した主犯格である可能性が高いとみられています。

少なくとも井出裕輝容疑者と中野翔太容疑者の2人は野口愛永さんと面識がなかった(井出裕輝容疑者は若干の面識はあったとの情報もあり)といい、また少年(16)も面識があるかないか報道によって扱いが異なっているため面識があったとしてもあまり深い仲ではなかったものとみられます。

一方で湯浅成美容疑者は野口愛永さんと元同級生で、いつから交流があったのか詳しい時期は不明ですが、「幼なじみ」との情報もあります。

この2人の間では金銭トラブルがあったほか、野口愛永さんが風俗関係の仕事をする際の身分証明書として、湯浅成美容疑者やその友人たちの卒業アルバム写真を貸していたとのことです。

しかし野口愛永さんが卒業アルバム写真を返さなかったことや、連絡が取れなくなったことなどから、湯浅成美容疑者は激怒。周りにも不満を漏らしていたということです。

そのほか野口愛永さんはホストクラブで豪遊することで有名で、事件直前にもホストクラブで100万円ものシャンパンタワーを注文しており、50万円を支払った上で残り50万円を「ツケ」にしていました。このような生活から、周りの友人からは多額のお金を借りていた模様です。

こういったことが事件へのきっかけとなったのか、逮捕された井出裕輝容疑者や中野翔太容疑者は「逮捕された18歳少女に頼まれてやった」などと供述しており、湯浅成美容疑者が主犯格であったことを示唆しています。

なお、湯浅成美容疑者と交際関係にあったとみられる少年(16)と井出裕輝容疑者・中野翔太容疑者は先輩後輩関係にありました。

容疑者らと交流のある関係者は「最初は少女がやる(殺す)と言っていたが、女の手は汚せられないってことで、2人がやった」というようなことを話しています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です