寝屋川市立第九中学校教諭の阪口純一容疑者を逮捕~児童買春の疑い

18歳未満の少女とみだらな行為をしたとして、京都府警は9月7日、大阪府寝屋川市の中学校に勤務する41歳の教諭の男を逮捕しました。

児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕されたのは、寝屋川市木屋元町に住む寝屋川市立第九中学校教諭、阪口純一容疑者(41)です。

京都府警によりますと、阪口容疑者は3月25日、大阪府枚方市内のラブホテルで、派遣型売春クラブから派遣されたアルバイトの少女(16)に現金1万6千円を渡して、わいせつな行為をした疑いが持たれています。

阪口容疑者は出会い系アプリでクラブのことを知り、「中学生をお願い」などとクラブにメールで依頼しており、少女が18歳未満と認識していたということです。

調べに対し、阪口容疑者は「間違いありません」と供述し、容疑を認めているということです。

警察は、詳しいいきさつを調べています。

阪口容疑者は英語教諭で、同中学校に平成21年4月から勤務していました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です