ネパールカトマンズでM7.5の地震、ビル倒壊に道路ひび割れ

ネパールの首都カトマンズで4月25日、マグニチュード7.5の大きな地震がありました。

発表によると地震が発生したのは4月25日午後3時11分(日本時間)ころで、ネパールの首都カトマンズから北西方向に77kmほどの地点が震源とみられています。

現地では非常に強い揺れを感じたということで、カトマンズでは複数のビルが倒壊する、道路がひび割れるなど、大きな被害が発生している模様です。

Twitterなどインターネット上でも現場の写真画像などが続々と投稿されており、道路・家屋・建物などが至るところで崩れている様子がみてとれます。

現時点で死傷者の有無など詳しいことは分かっていません。

震源の深さは約11km余りとみられており、震源が浅いことから大きな被害が懸念されています。

このネパール・カトマンズ付近で発生した大地震について、詳しい情報が入り次第、随時更新していきます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です