栃木県の那須ハイランドパークで事故-ジェットコースターの金属部品が落下

栃木県那須町高久乙にある遊園地「那須ハイランドパーク」5月2日、ジェットコースターから金属製の部品が落下する事故が起きていたことが分かりました。

部品は男性の頭部に直撃しました。

発表によると5月2日午後3時10分ころ、那須ハイランドパークのジェットコースター「サンダーコースター」の部品が落下したということです。

その際、下の通路を歩いていた埼玉県秩父市に住む男性(42)の頭に部品が当たってしまいました。

男性は頭部を3針縫う怪我を負いましたが、幸い軽傷とのことです。

落下したのは、長さ約20cm/幅約5cmほどの金属製チェーンの一部です。

高さ約14mほどの高さから落下したということですが、一度高さ約3mほどの部分に張られているネットに落下し、そこから跳ねて地上の男性に当たったということです。

那須ハイランドパークは5月2日は特に警察に報告するなどせず、5月3日午前になって、栃木県警に申告しました。

なお、那須ハイランドパークは5月2日の閉園後に他のジェットコースターを点検しましたが、特に異常はみられなかったことから、他のコースターは通常通り運転を行っている模様です。

事故があった「サンダーコースター」については運転を取りやめています。

栃木県警那須塩原署は、事故の原因について詳しく調べています。

5月2日は千葉県でも、公園のゴンドラが落下し親子2人がケガを負う事故が起きています。

参考

千葉県山武市蓮沼海浜公園でゴンドラ落下事故-こどものひろば スカイパイレーツ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です