「割烹久田」経営者の久田雅隆容疑者を逮捕~従業員の股間蹴った疑い

東京都港区南麻布の高級日本料理店「割烹久田」で、見習いの男性従業員の股間を蹴るなどの暴行を加え、重傷を負わせたとして、経営者の54歳の男が逮捕されました。

傷害の疑いで逮捕されたのは、港区南麻布4丁目の日本料理店「割烹久田」の経営者で料理人久田雅隆容疑者(54)です。

警視庁によりますと、久田容疑者は今年4月、開店準備中の店内で、20代の男性従業員に「朝の挨拶がない」などと言って突き飛ばし、股間を蹴るなどの暴行をして、全治1か月の重傷を負わせた疑いが持たれています。

男性従業員は入店間もない見習いで、「厳しい指導として受け入れていた」と話しているということです。

久田容疑者は、「和食のカリスマ」料理人として、テレビや雑誌などにもたびたび登場していました。

調べに対し、久田容疑者は「突き飛ばしたり蹴ったりしたと言われれば、そうかもしれない」などと供述していますが、容疑については否認しているということです。

警視庁は、日常的に暴行がなかったか、詳しく調べています。

ニュース動画

有名割烹の経営者、板前見習い蹴りけがさせた疑い

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です