熊本市職員の松崎聖志容疑者を逮捕~意識ない女性の裸撮影

熊本県熊本市で今年7月、意識を失った知人女性の裸を撮影したとして、警察は11月19日、熊本市職員の28歳の男を逮捕しました。

準強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、熊本市中央区上水前寺に住む熊本市中央区役所区民課職員、松崎聖志容疑者(28)です。

警察によりますと、松崎容疑者は7月31日午後11時半頃、熊本市内の自宅で、抵抗できない状態にあった知人の20代女性の裸をデジタルカメラで撮影した疑いが持たれています。

2人は熊本市内の飲食店で飲酒後、タクシーに乗車したところ、女性の意識がもうろうとし、その後の記憶がなくなったということです。

女性が後日、松崎容疑者のデジタルカメラを見た際に自分の写真に気付き、警察に相談したことから事件が発覚しました。

調べに対し、松崎容疑者は「間違いありません」と供述し、容疑を認めています。

警察は、他にも同様の被害がないか調べています。

現場周辺地図

熊本県熊本市中央区上水前寺

関連記事

熊本市職員の松崎聖志容疑者を逮捕~意識ない女性の裸撮影-Twitterの反応

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です