東京都北区で強盗傷害事件~帰宅途中の男性がビンで殴られる

東京都北区の路上で8月25日夜、帰宅途中の男性が男にいきなりビンのようなもので頭を殴られ、カバンを奪われそうになる事件がありました。

警視庁は、強盗傷害事件として、男の行方を追っています。

警視庁によりますと、25日午後11時50分頃、北区滝野川の明治通りで、帰宅途中の会社員の男性(33)が、後ろから近づいてきた男にいきなりビンのようなもので後頭部を数回殴られました。

男は男性が落としたカバンを奪おうとしましたが、抵抗されたため、何も取らずに走って逃げたということです。

男性は頭を切るなど全治1週間の軽傷です。

逃げた男は年齢20歳から30歳くらい、身長170センチほどの細身で、スポーツ刈りだったということです。

警視庁は、強盗傷害事件として、逃げた男の行方を追っています。

ニュース動画

会社員の男性、いきなり“ビン”で殴られる 男は逃走

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です