川崎市日進町で火事-簡易宿泊所2棟が全焼 川崎警察署前のドヤ

神奈川県川崎市川崎区日進町で5月17日未明、大規模な火事が発生しました。

発表によると5月17日午前2時10分ころ、川崎市川崎区日進町で「簡易宿泊施設から煙が出ている」などと119番通報があったということです。

これを受けて消防車が30台出動し消火活動を行いましたが、木造3階建ての簡易宿泊所2棟が全焼しました。

また、他の建物の一部が焼けるなどしました。

この火事で少なくとも17人が重軽傷を負ったほか、連絡の取れない人が大勢いるとのことです。2棟の簡易宿泊所には合計60人以上が宿泊していたとみられており、死傷者は数十人にものぼる可能性です。

出火元は簡易宿泊所「吉田屋」だということですが、隣接する簡易宿泊所「よしの」にも延焼し、2棟ともに全焼しました。

深夜にも関わらず、非常に大規模な火災であったことから、現場周辺では近隣住民の方が大勢道路上に出てきて、心配そうに様子を伺うなど一時騒然としていました。

目撃者の話によると、近くにある10階建てマンションくらいの高さまで火柱が上がり、火の粉も大きく舞い上がっていたといいます。

神奈川県警川崎署や川崎消防局などは、逃げ遅れた人がいるとみて捜索を行うとともに、火事が起きた原因などについて詳しく調べています。

火事現場は、八丁畷駅から東方向に約200mほどの地点にある川崎警察署の目の前で、マンションなどが建ち並ぶ一角のドヤ街です。

現場周辺地図

神奈川県川崎市川崎区日進町

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です