一宮JCT付近で事故・渋滞-名神高速道路で7台の多重事故

愛知県一宮氏萩原町の名神高速道路で5月5日、大型トラックなど7台が絡む多重事故が起きました。

少なくとも女性1人が死亡しました。

発表によると5月5日午後3時ころ、一宮市萩原町の名神高速道路上り線・一宮JCT付近で、乗用車5台と大型トラック2台の合計7台が絡む事故が起きたということです。

この事故で女性1人が死亡したほか、複数人の負傷者がでているとみられています。

GWのUターンラッシュで名神高速道路は混雑しており、この事故を受けてさらに長い渋滞が発生するなどしました。

ハイウェイ交通情報では、数時間前から「【重大事故通行止】名神 上り線 一宮JCT」という表示が流れており、17時50分現在も通行止めが続いているものとみられます。

現時点で、事故が起きた原因や負傷者の容態など、詳しいことは分かっていません。

この事故に関して詳細な情報が入り次第、随時更新していきます。

追記ートラックが渋滞中の車に追突の玉突き事故

その後の発表によると、渋滞で停止中だった車列の最後尾に、大型トラックが追突したということです。

この勢いで、計7台が絡む玉突き事故となった模様です。

死亡したのは、最初に追突された乗用車に乗っていた40代前後の女性です。

その他7人が搬送されたということですが、いずれも比較的軽傷とみられています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です