野口愛永さん千葉県船橋18歳少女を生き埋め事件、成田空港付近の芝山町

千葉県船橋市に住む18歳の少女が行方不明になり、生き埋めにされた可能性もある事件で、10代の少年少女、および成人の男1人の計3人が逮捕されました。

また、供述通りの場所からは遺体も見つかり、警察が身元の確認を急いでいます。

被害者少女は、船橋市に住む野口愛永さん(18)とみられています。野口愛永=のぐち まなえ

発表によると、少年少女と成人の男の計3人は、野口愛永さんを車で連れ去った監禁の疑いが持たれています。

一方で主犯格とみられる20歳くらいの男、および1人の少年が未だ連絡が取れない状況で、千葉県警が引き続き行方を追っています。

今後、殺人や死体遺棄などの容疑も視野に捜査が進められるものと見られます。

(追記:主犯格とみられる20歳くらいの男を新たに逮捕。)

船橋少女監禁事件の経緯

この事件は4月19日夜、野口愛永さんが知人女性らと一緒に千葉県内の路上を歩いていたところ、男性から話かけられたところから始まりました。

この際に野口愛永さんは抵抗することもなく、一緒にいた女性に対して「迷惑がかかるから」と言い残し、男性らの乗る車に一人で乗り込んだということです。

この際車の中には面識のある人物とない人物が入り混じっていたものと見られています。

その後、どのような経緯で事件に至ったのか詳細は分かっていませんが、野口愛永さんは生きたまま埋められたとの情報もあります。

4月21日になり、千葉県警船橋東警察署に「知人の少女と連絡が取れず、行方不明になっている。埋められたいう話もあり、事件に巻き込まれたのかもしれない」などと情報提供があり、事件に巻き込まれている可能性があることが発覚しました。

連れ去られた車の中には成人の男や未成年の少年少女らが複数人乗っていましたが、千葉県警は4月24日までに、少なくとも4人を逮捕しています。

他にも共犯者がいるのかどうか、詳しいことは不明です。

そして一部の少年が「成田空港の近くで被害者女性を埋めた」と供述したことから、千葉県警が4月24日午後に現場を捜索したところ、夕方ころになって千葉県芝山町付近の地中から野口愛永さんとみられる遺体が見つかりました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です