北海道警警察官の斉藤正樹容疑者を逮捕~交通違反切符捏造の疑い

交通違反の事実がない人に対する違反切符を捏造したとして、警察は11月27日、北海道警警察官の28歳の男を逮捕しました。

虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで逮捕されたのは、北海道森町上台町に住む北海道警森警察署地域課巡査長、斉藤正樹容疑者(28)です。

警察によりますと、斉藤容疑者は今年7~9月、交通違反の事実がないのに、シートベルトの装着義務違反があったとする違反切符を2通作成し、上司に提出した疑いが持たれています。

身に覚えのない違反者講習の通知を受け取った人が警察に届け出たことから発覚したということです。

調べに対し、斉藤容疑者は「事件や事故が少ない中、交通違反検挙くらいやらないと格好がつかないと思った」などと供述し、容疑を認めています。

警察は、斉藤容疑者がほかにも数十回にわたって違反切符を捏造していたとみて調べています。

現場周辺地図

北海道茅部郡森町上台町 森警察署

関連記事

北海道警警察官の斉藤正樹容疑者を逮捕~交通違反切符捏造-Twitterの反応

ニュース動画

警察官が違反切符“ねつ造” 相次ぐ道警の不祥事

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です