広島市東区若草町の路上で男性刺され死亡~兄の住本一明容疑者を逮捕

広島県広島市東区の路上で5月13日、68歳の男性が胸など数十か所を包丁で刺されて死亡する事件があり、73歳の男性が現行犯逮捕されました。

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、広島市東区曙1丁目の無職、住本一明容疑者(73)で、被害者の兄だということです。

住本容疑者は、容疑を否認しています。

13日午後9時10分頃、広島市東区若草町の路上で、「人を刺している」と近所の男性から110番通報がありました。

警察官らが駆けつけると、高齢の男性が血を流して倒れており、病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認されました。

死亡したのは、近くに住む住本卓三さん(68)です。

警察は、現場から約50メートル離れた路上で、血のついた包丁を持っていた住本容疑者を発見し、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しました。

住本容疑者は、当時、酒を飲んでいたということです。

住本容疑者は卓三さんの兄で、調べに対し、「死亡したのは弟だ」と話しているということですが、「自分は刺していない」と容疑を否認しています。

警察は、容疑を殺人に切り替えて調べています。

現場はJR広島駅の東約500メートルのマンションなどが建ち並ぶ地域で、2人が大声で口論しているのが目撃されていました。

現場周辺地図

広島県広島市東区若草町

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です