平野瑠七ちゃん行方不明、北海道共和町小沢東陽小学校1年生の6歳女児

北海道共和町小沢で4月21日、平野瑠七ちゃん(6)が行方不明になっていたことが分かりました。

行方が分からなくなっているのは、共和町小沢に住む東陽小学校1年生の女子児童・平野瑠七ちゃんです。

発表によると平野瑠七ちゃんは4月21日午後3時半頃、母親に「遊びに行ってくる」と言い残して1人で外出したきり、帰って来なかったということです。

帰宅予定は午後4時でしたが、それを過ぎても帰ってこないことから、同日午後5時半頃に母親が警察に届け出ました。

これを受けて北海道警の警察官らが捜査活動を行っていますが、翌4月22日午前6時過ぎ頃には、自宅から4kmほど下流の堀株川で片方のスニーカーが見つかっています。

現時点で見つかっているのは靴1足のみで、北海道警岩内署は引き続き150人態勢で行方を捜索しています。

平野瑠七ちゃんの特徴は、身長約117cm・体重約21kg・髪は肩くらいまでの長さ・水色のジャンパー・黒色のスカート・黒色のタイツ・水色のスニーカーを履いていたとのことです。

川に転落した事故、あるいは何らかの事件に巻き込まれた可能性などもあるとして、岩内署は平野瑠七ちゃんの特徴や顔写真などを公表し、情報提供を呼びかけています。

もし目撃情報などありましたら、北海道警岩内署(0135-62-0110)まで情報提供をよろしくお願いします。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です