東京ディズニーシーに「アナ雪」の新エリア!2017年度以降オープン

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは4月28日、東京ディズニーシーに大ヒット映画「アナと雪の女王」をテーマにしたアトラクションを導入すると発表しました。

2017年度以降のオープンになるとのことです。

オリエンタルランドは昨年、今後10年間で、テーマパーク事業に約5000億円の投資を行うと発表しています。

東京ディズニーシーは

現在、7つのテーマポートに分かれている東京ディズニーシーは、「ロストリバーデルタ」の南側に隣接する拡張用エリアに8つ目の新テーマポートの開発を検討。

新テーマポート全体のテーマを「北欧」とし、エリア内には「アナと雪の女王」の世界を体験できるエリアも含まれます。

同テーマポートは「アラビアンコースト」と同程度の規模になるとのことです。

導入時期は2017年度以降となっています。

東京ディズニーランドは

また、東京ディズニーランドでは、「ファンタジーランドの再開発」をコンセプトに、ファンタジーランドの面積を約2倍へと拡張します。

「美女と野獣」「ふしぎの国のアリス」などをテーマにした複数のエリアで構成されるとのこと。

現在のファンタジーランド全域の刷新およびトゥモローランド、駐車場、バックステージの一部のエリアを拡張することで、現在のファンタジーランドの約2倍の規模となることを想定しています。

導入時期はこちらも2017年度以降です。

今後に注目

いずれのエリアも、東京ディズニーリゾートオリジナルのアトラクションやレストランなどが導入されます。

オリエンタルランドでは、2015年中にはエリアごとの詳細を発表するとしています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です