新・日本三大夜景に長崎、札幌、神戸を認定~4500人の鑑賞士が投票

全国の夜景自慢の街の関係者が意見を交わす「夜景サミット2015」が神戸市中央区で開かれ、長崎札幌神戸の3市が「日本新三大夜景」の都市と認定されました。

一般的に函館、神戸、長崎の3市が三大夜景都市とされますが、50年ほど前に選ばれたもので、愛好家などから古いとの声が上がっていました。

サミットでは、一般社団法人「夜景観光コンベンション・ビューロー」が認定する4500人の「夜景鑑賞士」による投票が行われ、長崎が第1位、札幌が第2位、神戸が第3位となり、函館は第4位だったということです。

展望場所の整備状況は年々変わることから、3年後に改選されるということです。

ニュース動画

新・日本三大夜景は長崎・札幌・神戸

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です