大阪府豊中市柴原町の事故で中村恵美容疑者を逮捕~「子供を送った帰りだった」

大阪府豊中市柴原町で5月20日、複数人の桜井谷小学校に通う小学生が車にはねられた事故で、警察は、豊中市宮山町の会社員、中村恵美容疑者(50)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

この事故で小学生ら6人が怪我をし、このうち1人が重体、2人が重傷だということです。

20日午前7時50分頃、大阪府豊中市柴原町5丁目の市道で、歩いて登校していた市立桜井谷小学校に通う小学生の列に車が突っ込む事故がありました。

この事故で小学生5人と通行人の40歳の女性1人の合わせて6人が怪我をしており、このうち小学1年生の男の子(7)が頭の骨を折り重体、小学6年生の男の子2人(いずれも11)が脚の骨を折るなどの重傷だということです。

他の男の子2人と女性は軽傷です。

警察は、車を運転していた中村恵美容疑者(50)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

調べに対し、中村容疑者は「自分の子供を学校に送った帰りだった」「事故を起こしたのは間違いない」と容疑を認めています。

現場は、大阪モノレール柴原駅から北方向に約600mほどの地点の住宅街の一角で、車道と歩道が区切られていない片側1車線の直線道路でした。

目撃者の話では、中村容疑者は別の車を避けようとして対向車線にはみ出し、道路右端を歩いていた小学生らの列に後ろから突っ込んだということです。

中村容疑者の車は、対向車線を超え、交差点の角にある塀に突っ込んでいました。

警察は、事故の詳しい原因を調べています。

現場周辺地図

大阪府豊中市柴原町5丁目

関連記事

大阪府豊中市柴原町で事故‐桜井谷小学校の子供5人はねられる
大阪府豊中市柴原町の事故で中村恵美容疑者を逮捕~Twitter上の反応

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です