千草台東小学校で給食タバコ混入ー千葉市稲毛区作草部町

千葉県千葉市稲毛区作草部町の千草台東小学校で、給食タバコ混入する出来事が起きていたことがわかりました。

発表によると5月11日、千葉市稲毛区作草部町の千草台東小学校に提供された給食の麦ごはんの中に、タバコ(煙草)とみられる異物が混入していたとのことです。フィルターの部分と、葉っぱの部分の両方が混入していました。

これについて、少なくとも千草台東小学校6年の男子児童1人がタバコとみられる異物を口の中に入れてしまい、その後吐き出したことが確認されています。

タバコとの因果関係については現時点では明らかになっていませんが、この男子児童は給食を食べた5月11日夜、目の充血や鼻血などの症状がでたということです。幸い重傷ではなく、その後症状は回復した模様です。

タバコとみられる異物は、小学6年生の1学級で葉っぱとみられるものが確認されたほか、小学5年生の1学級でフィルターが確認されました。合計でタバコ1本分くらいの量だったといいます。

異物が発見されてすぐ、千草台東小学校は校内放送などで全児童にご飯を食べないよう指示しましたが、既に約200人の児童が食べていました。しかし、幸い最初の1人以外で健康被害などは確認されていません。

炊かれた麦ご飯は千葉県大綱白里市にある「油信製菓所」から納入されたもので、山武健康福祉センターなどは、油信製菓所に立ち入り調査を行いました。

これにより、みつかったタバコとみられる異物は、炊飯後~学校へ配送されるまでの間に混入した可能性があるということが判明しました。千草台東小学校を含めた千葉市内9小中学校が、油信製菓所からの納入を停止しました。

また油信製菓所はこの騒動を受けて5月13日、千葉県警東金署に通報して事件性の有無などについて捜査を依頼したといいます。

現場周辺地図

千葉県千葉市稲毛区作草部町 千草台東小学校

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です