高槻少女殺害事件で山田浩二容疑者を逮捕~行方不明の少年遺体で発見

大阪府高槻市で8月13日深夜、同府寝屋川市立中木田中1年の平田奈津美さん(13)の遺体が見つかった事件で、警察は21日、45歳の男を逮捕しました。

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、寝屋川市香里新町の職業不詳、山田浩二容疑者(45)です。

山田容疑者は13日深夜、高槻市番田1丁目の運送会社駐車場で、平田さんの遺体を遺棄した疑いが持たれています。

また、平田さんとともに行動し、その後行方がわからなくなっていた星野凌斗さん(12)も大阪府柏原市内の山中で、遺体で発見されました。

警察によりますと、平田さんが遺体で見つかった現場周辺の防犯カメラの映像から山田容疑者の関与が浮上し、山田容疑者の行方を追っていましたが、柏原市内の山中に立ち寄ったため、警察が調べたところ、星野さんの遺体が発見されたということです。

警察がその後も山田容疑者を追跡し、午後8時20分頃、大阪市城東区で逮捕となりました。

警察の調べに対し、山田容疑者は平田さんを車に乗せたことは認めたものの、「同乗者の男が後部座席で女の子を殴ったりし、私が知らない間に死んでいた。同乗者が死体を車から出して遺棄した」などと供述し、容疑を否認しています。

しかし、警察は供述は信憑性に欠けていて、同乗者が存在する可能性は低いとみているということです。

警察は今後、平田さんや星野さんが死亡した経緯についても追及する方針です。

関連記事

山田浩二容疑者を平田奈津美さん殺害の疑いで再逮捕~大阪府寝屋川市

ニュース動画

大阪・高槻市女子中学生遺体事件 逮捕の45歳男、容疑を否認

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です