スマホの充電が1分で完了!?新たな電池を開発

夢のような電池の誕生!?

アメリカ・スタンフォード大学の研究チームが、アルミニウムを材料に使い、超急速の充電ができて、寿命が長持ちする電池を開発したと発表しました。

アルミニウムが材料

現在、スマートフォンなどのモバイル機器には、リチウムイオン電池が主に使われています。

そのリチウムイオン電池には、電池の寿命や充電時間といった課題がありました。

そこで、研究チームが開発したのがアルミニウム電池です。

実験によれば、その充電時間はスマートフォンであればわずか1分だということで、将来的にはもっと短くなる可能性もあるとのこと。

また、繰り返し充電できる回数も、リチウムイオン電池が1000回ほどなのに対し、アルミニウム電池は7500回ほど充電できるそうです。

折り曲げることも可能で、揮発性の素材が使われていないので、穴を空けても発火する心配がなく、安全性も高いとのことです。

実用化が待たれる

研究チームによると、アルミニウム電池は、価格、安全性、充電速度、柔軟性、寿命など、ある意味で電池の理想の形だということですが、電圧面での課題が残るなど、まだまだ実験段階

商品化にはまだ時間がかかるとのことですが、少しでも早い実用化を期待したいところですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です