司法書士の山口雄一容疑者を逮捕~高齢女性の財産横領の疑い

成年後見人として財産を管理していた女性の口座から現金およそ6750万円を引き出して着服したとして、東京地検特捜部は11月17日、司法書士の63歳の男を逮捕しました。

業務上横領の疑いで逮捕されたのは、千葉県柏市に住む東京司法書士会所属の司法書士、山口雄一容疑者(63)です。

特捜部によりますと、山口容疑者は2013年7月~14年11月、成年後見人として財産を管理していた女性(当時103)の複数の預金口座から6回にわたって現金およそ6750万円を引き出し、着服した疑いが持たれています。

女性は14年8月に死亡しましたが、山口容疑者は女性の死亡後も着服を続けていたということです。

関係者によりますと、山口容疑者は財産を私的に流用したことを認めているということです。

特捜部は、着服した資金の使い道を調べています。

関連記事

司法書士の山口雄一容疑者を逮捕~高齢女性の財産横領-Twitterの反応

ニュース動画

女性の預金6700万円を着服か 成年後見人の司法書士

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です