みかんの白い筋をどうしてる?捨てるのはもったいない

冬は「こたつに入ってみかんを食べる」という人も多いのではないでしょうか。

そのみかんに付いている白い筋、みなさんはどうしていますか?

取って捨てるという人も多いと思います。

しかし、この白い筋に、みかんの栄養が凝縮されているのです。

白い筋の正体とは?

白い筋の正体

みかんの白い筋、その正式名称は「アルベド」と言われるものです。

養分を果実へ運ぶための働きをしているもので、みかんの皮の一部なのです。

この「アルベド」には、ビタミンPが豊富に含まれています。

その量は果実部分の約100~300倍。

では、ビタミンPにはどのような効果があるのでしょうか。

ビタミンP

ビタミンPとは、「ヘスペリジン」というポリフェノールの一種です。

そのビタミンPには、

  • 毛細血管の強化
  • 血流の改善
  • 抗アレルギー作用
  • 発ガン抑制作用
  • ビタミンCを守る
  • コレステロール値の改善 など

様々な効果があると言われています。

食物繊維も

アルベドにはビタミンPの他に、「ペクチン」と言う食物繊維も豊富に含まれています。

腸内環境を整えてくれるので、便秘解消にも役立ちます

最後に

白い筋だけでなく、みかんの皮を食べるのも効果的です。

皮をそのまま食べるのは難しいかもしれませんが、オレンジピールやマーマレードにすれば、食べやすくなります。

女性の美容にも効果的ですので、上手に摂取していきましょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です