MIR4キャラクターの職業の紹介

MIR4キャラクターの職業の紹介

ゲーム開発会社WeMadeは昨年11月にMIR4韓国版を韓国だけでリリースし、今年の8月26日に世界170ヶ国に正式サービスを開始しました。MIR4はブロックチェーン技術のMMORPGで、NFTに対応するゲームです。現在人気を高めているNFTゲームを目標として開発されたMIR4は、WeMade会社の株価は約5倍に伸ばしています。MIR4プレイヤーはゲーム内で黒鉄というアイテムを集め、DRACOと呼ばれる仮想通貨と交換することが可能です。

ゲームのすぐ初めに、自分がプレイするキャラクターの職業(クラス)を選択しなければなりません。キャラクターのクラス選択は自分のゲームプレイの進み方、楽しみ方に影響してくるので、自分のプレイスタイルに合ったクラスを選ぶのが重要です。本記事では現在5つのクラスを紹介したいと思います。

 

職業(クラス)の種類と特徴

大きく分けてアタッカーとサポーターがありますが、クラスによって、戦い方が全く違うので、各クラスの特徴を紹介します。

戦士

戦士クラスは攻撃と防御のバランスがいい近接アタッカーです。タンクとしての役目があり、敵から受けるダメージ全てを軽減するスキルを持っていますので、最前線で味方を被弾から守ることができます。特定の状態異常、「混乱」や「混沌」を敵に付与することにより、真価を発揮でき、詠唱中にキャラクターの状態異常耐性を上げるスキルも持っています。攻守のバランスが良いスキルを持っているため、ボス相手でもタテ役として活躍できます。

道師

道師クラスは味方の体力回復ができるヒーラーで、味方の防御力もアップできるサポーターです。唯一このクラスが蘇生スキルを持っていて、「大治癒術」というスキルを英雄クラスまで上げたら、味方1人を蘇生できます。サポート能力が高いが攻撃能力は低いです。攻撃スキルを習得しても、戦闘で最前線にでるより、後方支援のほうが活躍できるクラスです。

法師

このクラスの特徴は遠距離攻撃のアタッカーで、火力に優れた法術を使う戦いを得意としたクラスです。広範囲への魔法攻撃が魅力の遠距離タイプで、スキルを強化し、必殺技によるダメージがアップできます。スロウやノックダウン効果も強く、敵の行動を邪魔し、一方的にダメージを与えることができます。さらに、敵からのダメージを継続的に抑えられるシールドが優秀です。

武士

近接攻撃が得意のクラスです。初めは火力と耐久面で突き出るものはなくプレイヤーに不安を抱くが、育成が進むにつれて強力的なキャラクターになっていきます。ノックダウン効果のスキルを多く持っていて、敵の行動を阻害しながら、戦えます。さらに、ダメージ判定がある範囲攻撃も持っていて、自分の範囲にいる敵をまとめて攻撃できます。レベル上げやモブを倒すにはとても活躍できるスキルです。

石弓士

MIR4の新クラスで、法師と同じ遠距離アタッカーです。石弓師の場合は火力と生存力を備えた攻撃を得意としています。マークした敵にはダメージがアップするスキルが多くあり、ボス対戦で役立つ緊急回避スキルも多く持っています。さらに、デバフスキルで味方のサポートもできます。

 

まとめ

仮想通貨という話題が世界で注目を集めている中、遊びながらゲーム内のアイテムが仮想通貨と交換でき、楽しみながら稼げることが可能になりました。MIR4でDRACOコインがゲットできるのだが、リリースしたばかりでまだ安い価格です。こういったNFTゲームが初心者の方には、MIR4をお勧めします。是非試してみてください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。