カツオノカンムリがアメリカ西海岸で大量死~青いクラゲ

クラゲの仲間であるカツオノカンムリが、アメリカ西海岸の砂浜に大量に打ち上げられました。

青いじゅうたんのように砂浜を埋め尽くしています。

モントレー・ペニンシュラ大学の海洋生物学者ケビン・ラスコフ氏によると、4~6週間ほど前からオレゴン州とワシントン州の海岸に現れ始め、次第にカリフォルニア州でも見られるようになったとのこと。

そして、西海岸沿いにおそらく10億匹が打ち寄せられているだろうと見積もっています。

カツオノカンムリは、「紫の水夫」「風まかせの船乗り」と呼ばれるクラゲの仲間。

しばしばカツオの群れと一緒に見つかるので、この名前がついたそうです。

三角形の硬い帆を持ち、風に乗って移動し、食べ物を探します。

しかし、いつもと風向きが異なる年には、陸地の方向に流されることになり、彼らにとっては死を意味することになります。

カツオノカンムリが陸に打ち上げられて大量遭難死することは特に珍しいことではなく、3年~6年ごとに起こる現象だそうです。

ただ、今回のような億単位で打ち上げられるケースはかなり珍しいとのことです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です