17歳少年を殺人未遂の疑いで逮捕~交野市私部西の路上にコンクリート土台

大阪府交野市私部西で11月17日、路上に置かれたコンクリート土台に乗用車が衝突し、男女2人が軽傷を負った事件で、警察は20日、アルバイトの17歳の少年を逮捕しました。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、交野市に住む建築アルバイトの少年(17)です。

警察によりますと、少年は17日午後11時15分頃、交野市私部西1丁目の市道の中央付近に、道路脇の店舗の駐車場にあった重さおよそ50キロのコンクリートの土台を放置し、通りかかった乗用車と接触させ、運転していた枚方市の男子大学生(19)と、助手席に乗っていた女子短大生(19)を殺害しようとした疑いが持たれています。

車は土台に接触後、道路脇の電柱に衝突し、2人は胸を打つなどして軽傷を負いました。

警察は、何者かが故意に土台を置いたとみて捜査を進めていましたが、19日夜、少年が母親と弁護士に付き添われて出頭してきたということです。

調べに対し、少年は「コンクリートの土台を倒したが、その後どうなったかは見ていない。人を殺すつもりはなかった」などと供述し、殺意を否認しています。

現場周辺では事件直前、5、6人の少年がたむろする姿が防犯カメラに映っていて、警察は関連を調べています。

現場周辺地図

大阪府交野市私部西1丁目

関連記事

交野市私部西の道路にコンクリート土台~車衝突し2人けが

交野市私部西の道路にコンクリート土台~車衝突し2人けが-Twitterの反応

17歳少年を逮捕~交野市私部西の路上にコンクリート土台-Twitterの反応

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です